マッチングアプリ

【アラサー】オタクがマッチングアプリに登録したからレポを書いてみる【第1回】

【アラサー】オタクがマッチングアプリに登録したからレポを書いてみる【第1回】

オタクがマッチングアプリに登録したレポが気になる!

こんな人も多いのではないでしょうか。

外出自粛で出会いの探し方が限られていることもあり、多くの若者がマッチングアプリを使っています。

とはいえ、

  • 見向きもされなかったらどうしよう
  • メッセージを続けられないのではないか
  • リア充には結局勝てない……

と不安を感じている人もいるでしょう。

また、サクラや業者、ヤリモクがいるのではないかと、抵抗を感じる人もいるはず。

そこで、アラサーオタク男子のぼくが、マッチングアプリに登録したレポを書きます。

何なら、男子校歴12年ですので、学生時代は青春の「せ」の字もありませんでしたからねww

そんなぼくですが、「オタクがマッチングアプリを使う上での戦略」を考えてから会員登録をした結果、マッチング率が2倍に!

今回はマッチング率を上げた戦略について紹介します。

オタクのマッチングアプリレポ(主のスペック)

オタクのマッチングアプリレポ(主のスペック)

オタクのマッチングアプリレポを始めるにあたり、主のスペックを紹介します。

「自分と違う」と感じる部分もあるかもしれませんが、1つの判断基準として参考になれば嬉しいです。

じんとのスペック
  • 年齢は28歳で大阪在住(2021年3月現在)
  • 身長170cm未満のフツメン
  • 国公立大の大学院卒
  • 仕事はWebライター(元大手企業のエンジニア)
  • 年収300万(前にマッチングアプリに登録した時500万)
  • 親族と同居(2年ほど一人暮らし経験あり)
  • 趣味は車・カメラ・音楽フェス
  • 男子校出身だが、恋愛経験はある方
  • 今は仕事優先だが、良い人がいたら結婚したいと思っている
  • 「ペアーズ(Pairs)」「with(ウィズ)」「Omiai」を過去に登録した経験あり

上記のスペックや恋愛像を考慮した結果、たくさんあるマッチングアプリの中から、20代に人気の「with」を選びました。

▼「with」を選んだ理由を詳しく紹介しています。

関連記事:【2倍出会える】マッチングアプリで20代後半におすすめは?28歳男子が徹底検討

オタクのマッチングアプリレポ(マッチング率)

オタクのマッチングアプリレポ(マッチング率)

オタクかどうか関係なく、マッチングアプリでのマッチング率は10%前後と言われています。

(CROSS MEなどの気軽な恋活アプリは、もうちょっと高いとの情報もあり)

しかし、ぼくが過去にマッチングアプリに登録したとき、開始1週間のマッチング率はなんと5%以下!

なんと、世間の半分ほどと、極めて少ないです。

それだけでなく……他にも問題点が!

転職したことで年収が半分になった/(^o^)\

今は彼氏の年収を気にしなくなった風潮がある、とのことですが……。

「やはりある程度の収入は欲しい」

と女性の友達も結構数言っていました。

特に、婚活向けの真剣な出会いの場だと、会社の大きさや年収を重視されがち。

男はつらいですよね、ほんまに(ぴえん)。

そんなぼくが、後ほど紹介する3つの方法を使った結果……

登録1週間でのマッチング率が5%→11%までup!!

つまり

年収は半分になったのに、マッチング率は2倍に!

実際の結果は、以下の通り。

日数いいねした数いいねされた数マッチング数マッチング率(%)
1日目471612.5
2日目312824.2
3日目22114.3
4日目211313.6
5日目150213.3
6日目21000
7日目171211.1
合計17462211.3
開始1週間のマッチング率

ここまでマッチング率を上げることができたのは、次の章で紹介する「3つの戦略」だと考えます。

オタクのマッチングアプリレポ(3つの戦略)

オタクのマッチングアプリレポ(3つの戦略)

マッチングアプリのレポを書くオタクのぼくが、マッチング率を上げるために考えた戦略は以下の3つ。

  • プロフィールの充実
  • 心理テストや性格分析を活用
  • 趣味にとらわれすぎない

1つずつ解説しますね。

戦略①:プロフィールの充実

まずは「プロフィールの充実」です。

実はプロフィールの充実は、本職の「SNS運用」を応用しました。

マッチングするまでの流れとしては

基本、男性から「いいね」もしくは「足跡」

いいねや足跡からプロフィールを見てもらう

プロフィールの内容を見る

お相手がいいなと思ったらマッチング

の通り。簡単ですね。

あとは「メッセージを続けて、LINEを交換し、実際に2人で会う」という流れなので、友達の紹介とほぼ同じですね。

マッチングするために大切なポイントは

  • プロフィールを見てくれるような顔写真にする
  • プロフィールの内容を充実させて、共通点を見つけやすくする

の2つです。

めちゃくちゃ大事なので、蛍光ペン引いといてくださいね←

プロフィールや顔写真については別の記事で詳しく解説してますが

  • 清潔感があって楽しそうな写真
  • プロフィールはすべて埋める
  • 自己紹介文は上限ぎりぎりまで書く

ということを意識しました。

これらは

  • この人と話したら楽しそう!
  • 共通点があって、話も合いそう!
  • 真剣に出会いを求めている人なんだ!

といった印象を女性に与えることができます。

数がすべてではないですが、本来素敵に思える相手でも、プロフィール次第ではすれ違う可能性もあります。

プロフィールを充実させることで、好みのタイプの女性へのアピールチャンスもあったかもしれません。

なんだか、就活の書類選考みたいですね。

▼現役Webライターが、プロフィール文の書き方を徹底的に教えます!

>> 【例文付き】「たった1人」の素敵な異性と出会いたいきみへ!現役Webライターが、プロフィール文のツボを教えます!

▼顔写真の選び方を、さらに詳しく知りたい人はこちら!

>> マッチングアプリの写真がない!NG写真と、おすすめの方法を紹介

戦略②:心理テストや性格分析の活用

withの特徴的な機能に「心理テストや性格分析から相性を判断」というものがあります。

この機能を使うと「性格分析で相性がいい人のみ表示」という検索方法を選ぶことができ、ミスマッチを減らすことも可能に。

問答無用で使いました。

ぼくの検索条件の場合ですと

超性格診断

絞り込み前:1700人

 →絞り込み後:300人

と約6分の1に!

十分すぎるぐらい減りましたね。

戦略③:趣味にとらわれすぎない

オタクにとって、恋愛や結婚によって趣味を奪われるのは死活問題です。

先日Twitterのトレンドで「結婚後のオタク趣味」が議論されていたほど。

ぼくも最初「結婚後に好きなことや趣味をやめないように、相手も同じオタクが良い!」と思っていました。

しかし、趣味があう彼女と付き合ったけど、性格や価値観の違いで無理をしてしまい、別れたことが過去にあります。

そこで、今回は

何か熱中できるものを持っていて、性格が合う人

を恋人探しの軸にすることにしました!

熱中できるものがある人はお互いの時間を尊重できる可能性も高いですし、

「長い人生のことを考えたら、性格が合うほうがもっと大事かな」と思ったからです。

そのため、趣味で門戸を狭くしないようにしています。

まとめ:オタクのマッチングアプリレポはまだまだ序盤

まとめ:オタクのマッチングアプリレポはまだまだ序盤

本記事では、オタクのマッチングアプリレポ第1弾として、

マッチング率が2倍になるための3つの戦略を紹介しました。

マッチングアプリで出会うには、プロフィールを読んでもらうことが前提条件。

読んでもらうために、写真やプロフィール内容を充実させていくことが、マッチング率が上がった理由ではないでしょうか。

当ブログでは「プロフィール画像の選び方」、有料記事になりますが「プロフィール文の書き方」を紹介していますので、よかったら読んでみてください!

また、「オタクのマッチングアプリレポシリーズ」はメッセージやデート、さらには今流行りの『オンライン飲み』まで、全4回にわたります。

その後が気になる人は、合わせて読んでみてくださいね(`・ω・´)

▼第2回はこちら!

【28歳男】オタクがマッチングアプリに登録したからレポ書いてみる【第2回】

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

▼目的別マッチングアプリ『Ciel』もおすすめ!

関連記事:Ciel(マッチングアプリ)の評判と登録方法を、画像付きで解説!

ABOUT ME
じんと
「うつ病でも恋がしたい」と悩む、20代男子です。 男子校歴12年の非モテでしたが、5年前にマッチングアプリと出会うことで、無事卒業しました。 次の目標は「パートナー探し」です。 メインブログ「じぶんぽっく」→https://www.jibun-pock.com/
コチラの記事も読まれています!