マッチングアプリ

マッチングアプリのプロフィールで、オタク趣味は出すべき?オタク20代男子が解説

マッチングアプリのプロフィールで「オタク趣味を書くべきか?」と悩む方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、プロフィールにオタク趣味は書いたほうがいいです。

ただし、書き方を間違えると「全然マッチングしない……」なんて悲しいことも。

本記事では、マッチングアプリのプロフィールでオタク趣味を出すべき理由と、出すときの注意点を20代オタク男子が解説します。

マッチングアプリのプロフィールでオタク趣味を出すべき理由

マッチングアプリのプロフィールで、オタク趣味を出すべき理由は以下の3つです。

  • 趣味が合う人と出会える
  • 気質が近い人と出会える
  • 偏見のある人とのミスマッチを防げる

理由①:趣味が合う人と出会える

まずは「趣味が合う人と出会える」ことです。

同じ漫画やアニメ、アーティストが好きだった場合は「共通の話題」ができますので、親近感をわかせることができます。

そもそもプロフィールで共通点がないと、印象を与えにくいですからね。

そして、マッチングしたあとも、共通の話題があるとかなり相手に印象をつけやすいです。

特に女性は多くの人とやり取りしているため、印象に残るエピソードがないと忘れられてしまうことも。

趣味が合うということは、マッチングアプリでは大きな武器になりますよ(`・ω・´)

理由②:気質が近い人と出会える

次に「気質が近い人と出会える」ことです。

オタクといっても、様々なジャンルがあります。

アニメ・アイドル・漫画・ゲーム・鉄道・車などなど……。

オタクのジャンルは違えど、なにか1つのことに熱中できるという気質は共通しています。

気質が合うということは、次に紹介するようなことが起こりにくいです。

理由③:偏見のある人とのミスマッチを防げる

最後に「偏見のある人とのミスマッチ」です。

SNSで定期的に見かけるのが

夫のプラモデルを仕事に行ってる間に売った

というものです。

養育費にあてれるじゃないの!とかそんな理由だとは思うのですが、ひどい話ですよね。

最悪の場合、離婚となることも。

オタク同士だと、相手の趣味を尊重できるので、勝手に売られるということはまずないでしょう。

もちろん、お互いの趣味を一緒に楽しむこともできます!

マッチングアプリのプロフィールでオタク趣味を出すときの注意点

一方でマッチングアプリの自己紹介で、オタク趣味を出すときの注意点もあります。

  • なるべく男女ともにファンがいるものを具体例に出す
  • オタクアピールを全開にしすぎない
  • 相手も楽しめる言い回しに変える

注意点①:具体例の出し方

1つ目が具体例の出し方です。

具体例の出し方で注意したほうがいいのは、以下の2つ。

  • 男女比が偏りすぎなものを出さない
  • マニアックすぎるものを出さない

たしかに少数派とマッチングするためには有効ですが、まずはマッチングする確率を上げたいですよね。

まずはある程度知名度があって、男女ともにファンのいる作品にしましょう。

漫画で言うと「進〇の巨人」「ワ〇ピース」とかでしょうか。

「自分が1番好きなのはこういう作品!」というのは、やり取りや実際に会って話したときに出していけばいいですからね( ˘ω˘ )

注意点②:オタクのアピール度合い

2つ目が「オタクアピールの度合い」です。

プロフィールにオタク趣味を出したほうがいいとはいえ、出しすぎはかえって逆効果です。

例えば以下のように。

〇〇と□□という作品が好きです。

今期は☆☆を毎週欠かさずに見てます。

特に〇〇の▽▽ちゃん推しです。俺の嫁!!!!

▽▽ちゃんのような巨〇メガネの娘と出会いたいです!!

ちょっとまってキモチワルイ

……まぁここまで極端な人はいないとは思いますが、全開すぎる人は女性のプロフィール見ててもたまにいます。

あくまで恋人と出会う場所ですので、出しすぎないように気を付けましょう。

注意点③:相手も楽しめる言い回し

3つ目は、ぼくの経験談です。

相手も楽しめる言い回しにすると、マッチングしやすくなります!!

言い回しを変える方法は、特に同性が多い趣味を持っている方に効果的な方法です。

言い回しの変え方の例
  • 鉄道オタク→鉄道で旅行に行くのが好き
  • 車・バイクいじり→ドライブ・ツーリング
  • アイドルの握手会→ライブ参戦

ぼくは車が好きなのですが、「車が好き」というのを「ドライブ」に変えただけでマッチング率が上がりました。

(実際、奈良から北海道まで自走でいくほどの車好きですw)

オタク趣味は狭く深くなのがいいところですが、マッチングアプリのプロフィール上では、いったん広い意味の言葉を使いましょう。

狭く深い話は、仲良くなってからすればいいですから。

マッチングアプリのプロフィールはオタクこそ重要

マッチングアプリ プロフィール オタク 注意点 自己紹介

本記事では、マッチングアプリのプロフィールでオタク趣味を書いたほうがいい理由と、書き方の注意点を紹介しました。

マッチングアプリのプロフィールで「オタク趣味は出すな!」という意見もありますが、出したほうがいいです。

実際ぼくが1年以上付き合った女性もオタクでしたので、オタク趣味を出していなかったら出会えてなかったかもしれません。

一方で書き方次第では相性のいい人ともマッチングできないという、悲しい結果になってしまいますので

「異性と一緒に楽しめる」ことを心がけながら書くといいでしょう。

とはいっても、わからない方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに、おすすめのサービスがあります。

100記事以上書いた現役Webライターのぼくが、マッチングアプリのプロフィール文を添削・作成します!

  • 全然マッチングできない……
  • 女性も楽しめる言い回しが思いつかない……
  • 自己紹介文を書くのが苦手

というあなたにおすすめです!

1人当たり1500円でココナラにて承っていますので、よかったら検討してみてくださいね!

\現役Webライターに自己紹介文を/

見てもらう!

添削はいいから、「プロフィール文のテンプレがほしい!」というあなたへ。

>> 現役Webライターによる 自己紹介文の書き方講座

▼ぼくのマッチングアプリレポです。

【28歳男】オタクがマッチングアプリに登録したからレポを書いてみる【第1回】 オタクがマッチングアプリに登録したレポが気になる人も多いでしょう。 昨今の情勢も相まって、マッチングアプリを使って出会い...

ABOUT ME
じんと
「うつ病でも恋がしたい」20代男子です。 メインブログ「じぶんぽっく」→https://www.jibun-pock.com/
コチラの記事も読まれています!