うつ病の恋愛

うつ病の彼女とは別れたほうがいい?元うつ病同士カップルの彼氏が解説

うつ病 彼女 別れたほうがいい メンヘラ

うつ病の彼女とは別れたほうがいいのではないか……

と悩む方もいるのではないでしょうか。

ぼくはかつて「うつ病同士カップル」の片割れでしたが、「うつ病の彼女=別れたほうがいい」と決めつけてしまうのは違うと考えています。

一方で、それなりの覚悟はしておく必要があるということを、かつてのうつ病同士カップルから学びました。

本記事では、うつ病の彼女と別れたほうがいいのかと悩む方に向けて、経験談を交えながら解説していきます。

▼本文の前に「うつカップル」時代の記事が読みたい人へ

家族のうつ病への対応を、うつ病同士カップルの経験を元に考える 家族のうつ病への対応がひどい、という悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。 そして家族の対応の仕方やうつ病への理解のなさか...

うつ病の彼女とは別れたほうがいいのか

うつ病の彼女と別れたほうがいいのかと言われたら、一概に「別れたほうがいい!」とは言えません。

なぜなら、うつ病の彼女にも2パターンあるため。

ぼくは元々うつ病当事者でもあり、うつ病をはじめとした心の病に苦しむ人の希望となるべく

生き様で社会復帰を発信しながら向き合ってきました。

しかし、そんな中で「うつ病はひとくくりにできないな」と日々実感しています。

うつ病の彼女2パターン
  • うつ病を克服しようと、前向きに戦っている
  • 「うつ病の自分」に甘んじている(俗にいうメンヘラ)

怒る方もいるかもしれませんが、紛れもない事実です。

そして、もしうつ病の彼女が後者だった場合は、別れたほうがいいです。

うつ病の彼女と別れたほうがいいケース

うつ病の彼女と別れたほうがいいケースは、以下の5つです。

  • 病気を利用して気を引こうとする
  • 正しく治療をしていない
  • 愛を他の人にも求める
  • 都合のいいことしか言わない
  • あなた自身の生活に支障が出ている

ケース①:病気を利用して気を引こうとする

1つ目のケースは「病気を利用して、気を引こうとする」もの。

一般的に「メンヘラ」と言われる部類ですね。

たしかにうつ病の症状として、人の気を引くような行動をしてしまうことはあります。

ぼくもうつ病がひどい時期はありました。

(めげずに関わってくださった皆様には、感謝でしかないです……!)

しかし、あくまで心理的な面であり、物理的なアピールは唯一の自〇未遂しませんでした。

  • 手首を切った傷を見せる
  • OD(オーバードーズ)をし、恋人に報告する
  • 鬼電、鬼LINEを繰り返す

病気の症状と気遣いは別物。

最低限の気遣いができていないと感じたら、一緒に生活するとあなたがしんどい思いをするかもしれません。

ケース②:正しく治療をしていない

次に、「正しく治療をしていない」ケースです。

  • 通院を正当な理由なくバックレる
  • 自己判断で断薬、増薬を何度もする
  • アルコールなど禁止されているものを守らない

脳の複雑骨折ですから、正常な判断ができないときもあります。

しかし、禁止されているものを何度も繰り返し、あなたがしんどい思いをするなら、関係を考え直したほうがいいでしょう。

ケース③:愛を他の人にも求める

地味にたちが悪いのが「愛を他の人にも求める」ケースです。

世間一般のメンヘラは「重い」イメージがありますが、実は「軽い」ことも多いです。

浮気はもちろんのこと、寂しさを埋めるためにセフレを何人も作ってるという人もいます。

(あまり書きすぎるとXserverドメインさんに怒られるw)

たしかにうつ病の原因が「幼少期からの愛情不足」のことは多いです(ぼくもそのうちの1人です)。

しかし、うつ病と戦うのは「孤独と向き合う」のと同じで、寂しい気持ちに甘んじすぎるのは逆効果。

孤独な気持ちしっかり向き合い、もがきながらも打ち勝つことで、強い自分に生まれ変われるから。

うつ病で寂しいから……を言い訳に、浮気相手やセフレを作るような人であれば、どんなことを言われても別れたほうがいいです(経験談)。

ケース④:都合のいいことしか言わない

4つ目が「都合のいいことしか言わない」ケースです。

実は、ぼくの友人に似たようなケースがあったので例として紹介します。

友人の友人はうつ病の彼女の彼氏でした(ややこしいのでAさんとします)。

Aさんは彼女をとても大切にしており、病気を理解しながら向き合おうとしていましたが……

あるとき、Aさんと彼女は喧嘩してしまいました。

しかし喧嘩のあとに、問題は勃発したのです。

  • Aさんに「言いくるめられた」と友人にLINE
  • 自分の非は一切認めない
  • (自分に不都合なことだけ)記憶にございません

症状として、記憶が飛ぶというケースはたしかにありますが

明らかに都合のいいことだけ記憶が飛んでいる場合は「あざとい女」かもしれません。

実はぼくも似たようなケースに遭遇したことがありますが、都合のいいことしか言わないケースは改善の余地がないと言っていいでしょう。

ケース⑤:あなた自身の生活に支障が出ている

何より、彼氏であるあなた自身の生活に支障が出ているときは、速攻で別れたほうがいいです。

あくまで恋愛はデザートのようなもので、人生というフルコース料理のおまけのようなもの。

仕事やプライベート、自分の体調管理が最優先。

もしうつ病の彼女に振り回されて、

  • 体調を崩しやすくなった
  • あなた自身のメンタルも不調になった

といったことがあれば、確実に別れたほうがいいです。

うつ病の彼女と別れたほうがいいかどうかをかかりつけ医に聞いた

おまけですが、うつ病同士カップルが別れてしまった後、ちょうどぼくの定期検診がありました。

当時の彼女のことは先生に何度かお話ししていたので、別れたことに驚いていましたが……

そのあとに言われた言葉は、とても刺さりました。

じんとくんは性格とか仕事柄、うつ病の人に好かれることも多いと思うけど、おすすめはしない。

なぜならじんとくん自身も回復したとはいえ、相手に引っ張られて再発するリスクもあるから。

by じんとのかかりつけ医

経験を交えていうとうつ病同士の恋愛は、想像をはるかに超える相当な覚悟と勇気がいるのかもしれません。

うつ病の彼女と別れたほうがいいとは一概に言えない

うつ病 彼女 別れたほうがいい メンヘラ

本記事では、うつ病の彼女と別れたほうがいいかどうかについて、うつ病同士カップルの片割れが紹介しました。

うつ病はいつ誰がなってもおかしくない病気ですし、しっかり前向きに病気と向き合っている人もたくさんいます。

病気と向き合いながら、あなたのことを大切にしている彼女であれば、一緒に乗り越えることで強い絆を生み出すことができます。

しかし、

  • 彼女がうつ病ときちんと向き合っていない
  • うつ病を言い訳に不快なことをする
  • あなた自身がしんどくなっている

といったことがあれば、別れたほうがいいです。

「うつ病=メンヘラ=地雷」と決めずに、きちんと相手と向き合いながら交際を続けるかどうか考えましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼メンヘラか否かの定義を、詳しく解説しました。

メンヘラは恋愛できない、と言われる理由と対策を解説 メンヘラは恋愛できないと言われて、悩んだ方も多いのではないでしょうか。 特に男性で繊細な心の持ち主の方は 男らし...

ABOUT ME
じんと
「うつ病でも恋がしたい」と悩む、20代男子です。 男子校歴12年の非モテでしたが、5年前にマッチングアプリと出会うことで、無事卒業しました。 次の目標は「パートナー探し」です。 メインブログ「じぶんぽっく」→https://www.jibun-pock.com/
コチラの記事も読まれています!