パートナーと僕が出会うまでの軌跡 >>

うつ病になると恋愛感情がなくなる?理由と例外パターンを解説

記事内に広告を含みます。
うつ病になると恋愛感情がなくなる?理由と例外パターンを解説

うつ病になると恋愛感情がなくなる、ということを聞いたことある人も多いでしょう。

しかし、「治るまで全くなくなる」とは一概にはいえないんです。

これはうつ病経験者であるぼくも例外ではなく、療養中「恋愛感情がなくなった時期」と「異常に強くなった時期」がありました。

筆者の自己紹介

この記事では、うつ病になると恋愛感情がどう変わるのかについて、経験に基づいて解説します。

うつ病当事者はもちろん、パートナーの方もぜひ最後まで読んでみてください!

悩みを話せなくて困っているあなた、1度ぼくに話しませんか?

  • これまで100人以上の悩みを解決し、94.1%の方が満足
  • 「うつ病・発達障害・毒親育ちの当事者からアドバイスを受けたい」との声多数
  • 「メンタル心理カウンセラー」資格保持

\そのモヤモヤ、スッキリに変えます/

目次

うつ病になると恋愛感情がなくなる理由

うつ病になると恋愛感情がなくなる理由

うつ病になると恋愛感情がなくなる理由は、以下の3つです。

  • 三大欲求がそもそもなくなる
  • 自己肯定感を上げることをしたくなくなる
  • 相手に対し申し訳ない気持ちになる

理由①:三大欲求がそもそもなくなる

1つ目はそもそも論ですが、うつ病を患うと三大欲求がなくなります。

食事ものどに通らなくなるし、睡眠時間もばらばらになりがち。

そんな状態で、性欲なんて考える余裕もありません。
(あんまり書きすぎるとエックスサーバーに怒られるので割愛w)

独身恋人なしであれば、問題ないでしょう。

しかし、配偶者や恋人がいる場合は、寂しい思いをしてしまうパートナーも多いです。

うつ病が原因というのを、本人もしくはパートナーが知らなかったら特に、大ゲンカに発展するかもしれません。

理由②:自己肯定感を上げることをしたくなくなる

2つ目が「自己肯定感を上げることをしたくなくなる」ということ。

「無意識に破滅的な方向に向かっていきがち」というのは、うつ病ならではの厄介な悩み。

具体的には以下の通り。

  • こんな自分にパートナーなんていらないと考える
  • セフレを作ってワンナイトばかりで気持ちを満たす
  • 服装や髪型に無頓着になる

これらはすべて「自己肯定感を下げるための行動」。

うつ病の症状ゆえに自己肯定感が下がっていることに加え、さらに下げる行動を無意識にしてしまいます。

うつ病のときは自己肯定感が地の底まで落ち込み、〇ぬことを考えるようになってしまうこともありますから。

理由③:相手に対し申し訳ない気持ちになる

3つ目が「相手に対し申し訳ない気持ちになる」ことです。

特に、思いやりのあるタイプの人が陥りやすい理由。

  • スキンシップを求められて拒むのが申し訳ない
  • 自分でも原因がわからない
  • でも恋人が嫌いになったわけじゃない

と悩むたびに深みにはまってしまいます。

その結果

恋愛感情で悩むこともないし、私よりいい人を見つけてほしい

と考え、自ら別れを切り出す人も多いですね。

うつ病になると恋愛感情は一時的になくなるけど反動が……

うつ病になると恋愛感情は一時的になくなるけど反動が……

ここまで紹介した、うつ病になると恋愛感情がなくなるというのは、広く知られています。

一方で、ぼくのように恋愛感情の反動を起こしやすくなるパターンの人も意外といて、友人にも何人かいました。

この反動が起こる人に共通しているのは「無条件に愛された経験が少ない」こと。

  • 成績だけで評価する家庭で育ってきた
  • ネグレクトや虐待の被害にあっていた
  • 親が不倫をしていた
  • モラハラやDVが日常茶飯事だった
  • 会社でパワハラを毎日受けていた

特に幼少期の愛情は、大人になってからの「自己肯定感」に影響します。

幼少期に愛されなければ、自分の居場所がなかったり、愛し愛され方がわからなかったりするためです。

また、うつ病になれば、極限まで自己肯定感が下がった後にあがろうとします。

とはいえ自己肯定感をあげるには、自分を愛する以外にも「誰かに認められる」ことが大切。

しかし、無条件に愛された経験が少なければ、誰かに認められたり愛されたりする経験がありません。

そのため「過去に得られなかった愛情」を外に探し求めてしまいます。

厄介な話だと思うかもしれませんが、本当です。

ぼく自身も、かなり長期間悩みましたから。

パートナーがうつ病で恋愛感情がなくなるときにできること

パートナーがうつ病で恋愛感情がなくなるときにできること

もしもパートナーがうつ病で恋愛感情がなくなるとき、あなたができるのは「症状の1つと理解する」ことです。

急に今までと態度が変わり、

冷められたのかな?

などと不安に感じるかもしれません。

しかし、パートナー自身も自分の変化に戸惑い、つらい思いをしています。

症状の1つとして受け入れ、恋愛感情が戻るのを待ちましょう。

恋愛感情がなくなるのも、一時的な症状ですから。

ピンチを乗り越えたときほど強くなる。

病気を「絆を深めるチャンス」と考え、程よい距離感を保ちながら乗り越えていくと、今より楽しい日々を過ごせますよ!

最後になりますが、「筆者じんとのオンライン恋愛相談」では、「当事者から話を聞いてヒントを得たい」という人向けのサポートを行なっています。

悩めるうつ病のパートナーのあなたは、ぜひ利用してみてくださいね!

\うつ病のパートナーからの相談多数!/

本記事が、うつ病で恋愛感情がなくなったと悩む人の、参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

関連記事:うつ病の彼女とは別れたほうがいい?元うつ病同士カップルの彼氏が解説

関連記事:精神障害者と健常者のカップルは成立しないって本当?うつ病経験者が紹介

うつ病になると恋愛感情がなくなる?理由と例外パターンを解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次