うつ病の恋愛

【徹底解説】メンヘラでも結婚して幸せになれるパターン3選

【徹底解説】メンヘラでも結婚して幸せになれるパターン3選

メンヘラでも結婚して幸せになれるのか!?

このような疑問を持つ方も多いのではないでしょうか?

一般論として「メンヘラに恋愛はハードモードで、結婚なんかもってのほか」と言われています。

理由としては、

  • 依存
  • 寂しがり
  • 浮気の不安
  • 自傷行為やOD
  • 嫉妬や激しい束縛
  • 「別れる→復縁」の繰り返し
  • 気分の不安定さやヒステリック

といったことが挙げられるでしょう。

そんなメンヘラでも、結婚して幸せになれる可能性は十分あります!

ただし、幸せになれないパターンが一定数あるのも否めません。

本記事では、メンヘラでも結婚して幸せになるパターンとそうでないパターンについて解説します。

筆者の自己紹介

自己紹介

じんと(@jibunpock

メンヘラでも結婚して幸せになるパターン3選

メンヘラでも結婚して幸せになるパターン3選

早速ですが、メンヘラが結婚して幸せになるタイプについて紹介します。

先に言っておきますが「相手を困らせて、自分だけ幸せになる」というパターンはNGですよ?

  • 前向きな姿勢がある
  • 自分の時間や趣味がある
  • 相手の自己肯定感が高い

タイプ①:前向きな姿勢がある

まずは「前向きな姿勢がある」ことです。

メンヘラは前向きな姿勢とは無縁なイメージは強いですが、意外と前向きな人も多いです。

ぼくはうつ病の経験を活かして、ブログやSNSで情報発信をする仕事をしています。

仕事を進める中で、メンタルヘルスと戦う人とたくさんつながりました。

症状でしんどい思いをしながらも、前向きに病気と闘っている人もほとんど。

「好きな人に依存や浮気、束縛される」といったメンヘラの特徴と無縁な人も多いですね。

また、「病気がきっかけで困難の乗り越え方がわかること」も、幸せになりやすい理由です。

結婚生活では、困難を二人で乗り越える時がたくさんありますからね。

タイプ②:自分の時間や趣味がある

次に「自分の時間や趣味がある」ことです。

「結婚後もラブラブ」が理想ではありますが、新婚と同じようにラブラブなことはほとんどありません

そんなときに自分の時間や趣味があると、自分を高めたりリフレッシュしたりできるので、幸福感が上がります。

2人で同じものを楽しむのもいいですが、「お互い別々に行動する」という時間を持っておくことで、2人の時間を幸せに感じられますよ。

ただし、自分の時間を優先しすぎて連絡をマメに返さない人はおすすめできません。

不安やストレスが強くなり、メンタルがゴリゴリに削られますからね(経験談)。

タイプ③:相手の自己肯定感が高い

最後に「相手の自己肯定感が高いこと」です。

自己肯定感が高い人と近くにいると、周囲の人の自己肯定感も高くなりますからね。

メンヘラが必要としているのは、無条件の愛

自己肯定感が高い人は余裕があるので、ほど良い距離感で付き合うことが可能でしょう。

さらには「正しい愛情を受け取ることで、感情が安定する」という好循環も。

もちろん喧嘩することもありますが、自己肯定感が高いパートナーとは話し合いが成立するので、あなたも素直になれます。

メンヘラが結婚しても幸せになれないパターン

メンヘラが結婚しても幸せになれないパターン

一方で、結婚しても幸せになれないメンヘラは、2パターンあります。

  • 不幸な自分のままでいいと思っている
  • 相手の自己肯定感が低い

詳しく見ていきましょう。

パターン①:不幸な自分のままでいいと思っている

まずは、「不幸な自分のままでいいと思っている」タイプのメンヘラです。

  • 嘘でも「〇ぬ」と言ったらかまってくれる
  • 自傷行為やODをすれば振り向いてくれる
  • メンヘラだから、なにをやってもダメ

以上のことを考えているメンヘラは、結婚しても幸せになるのは難しいでしょう。

このタイプは「かまってちゃんタイプ」で、いわゆる「ファッションメンヘラ」な女性に多いです。

ファッションメンヘラは、かまってほしいとう目的が根っこにあるので、幸せになることは難しいでしょう。

常に一緒にいなければならず、仕事もろくにできませんからね。

パターン②:相手の自己肯定感が低い

次に「相手の自己肯定感が低いこと」です。

実際、相手の自己肯定感が低いと、ほぼ100%といっていいほど不幸になります。

そんな「自己肯定感が低いタイプ」ですが、2種類あります。

  • 臆病なタイプ
  • モラハラタイプ

臆病なタイプとは「共依存関係」に、モラハラタイプとは「DV」となりますが、特に厄介なのはモラハラタイプです。

  • 「俺がいないとだめだ」と思わせる
  • 助けてやってるから何してもいいと、奴隷のように扱う
  • 納得いかないことや、会社でつらいことがあると、あなたに八つ当たりする

上のようなことが、モラハラタイプとの結婚では起こるんですね。

これでは、幸せな結婚生活を送れません。
(※男に多いですが、まれに女もいます)

そして、モラハラタイプの結婚相手が厄介なのは

  • この人は悪くない、私が悪いだけ
  • 私はモラハラを受けて不幸になるのが当たり前
  • この人にも、良いところはあるから

と考えるほど精神的に追い込まれること。

モラハラと付き合っても、幸せになることはありません。

ソースは、ぼくの両親です。

まとめ:メンヘラでも心がけ次第で幸せな結婚ができる

まとめ:メンヘラでも心がけ次第で幸せな結婚ができる

本記事では、メンヘラが結婚して幸せになるタイプとなれないタイプについて解説しました。

メンヘラが幸せな結婚する前にしておきたいことは「自分と向き合う」こと。

自分と向き合うことで自信がつき、自己肯定感の高い相手とも出会える……つまり、幸せになれますからね。

一方で、「メンヘラだから結婚しても幸せになれない」と考えてしまうと、モラハラさんが寄ってきます。

結婚生活で後悔しないためにも、気を付けましょうね(`・ω・´)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼メンヘラはなぜ恋愛できないと言われるのかを、解説しました。

関連記事:メンヘラは恋愛できない、と言われる理由と対策を解説

ABOUT ME
じんと
「うつ病でも恋がしたい」と悩む、20代男子です。 男子校歴12年の非モテでしたが、5年前にマッチングアプリと出会うことで、無事卒業しました。 次の目標は「パートナー探し」です。 メインブログ「じぶんぽっく」→https://www.jibun-pock.com/
コチラの記事も読まれています!