恋愛コラム

【衝撃!】大失恋の経験談3つと、28歳男性が学んだことを紹介

大失恋 経験 学び 青春 二股

大失恋を経験したショックから立ち直れない。

そんな人も多いのではないでしょうか。

失恋の後ってすごくつらくて、世界の終わりのように感じる人もいるでしょう。

ぼくも大失恋を何度か経験しており、そのたびにつらい思いをしました。

ただ、大失恋を通じて学び、成長を実感したこともたくさんあります。

本記事では、大失恋の経験談3つと学んだことを紹介します。

失恋に悩む、あなたの励みになれば嬉しいです。

大失恋の経験談3つ

ぼくが経験した大失恋は以下の3つです。

  • 運命の分かれ道
  • ドストライクだったのに
  • まさかの展開

経験談①:運命の分かれ道

1つ目が「運命の分かれ道」

これは、高校時代の出来事です。

当時男子校でしたが、予備校で気になった女性がいました。

夏期講習中だったのですが、今まで1度も見たことがない人で、まさしく「一目ぼれ」

ただ、当時のぼくは女性と会話するだけで緊張するというほどのビビりw

男子校で過ごした日々のこともあり、女性が別の遠い星の人のように感じていました。

めちゃくちゃ緊張しましたが、何とか話しかけることに成功。

(話すまでの紆余曲折は、別の記事で詳しく書きます。長くなるので)

しかし、夏期講習が終わるとクラスが一緒の授業もなく、会うことがなくなってしまいました。

時はすぎ、受験直前の2月。

まさかの志望校別講座で彼女と再会!!!

しかも向こうから

好きだった人

じんとくん、久しぶり!

と声かけてくれました!

めちゃくちゃうれしかったのを、今でも覚えています。

そしてメアド交換(懐かしいw)もしました。

順調かと思っていた、ここからが残酷。

  • 彼女…第1志望に合格
  • じんと…第1志望に不合格

つまり、同じキャンパスを歩く夢は途絶えてしまったのです。

受験終わりにデートに誘うも、そのままフェードアウトされてしまいました。

ある意味「最悪」の大学デビューです(新歓では話題なりましたが)。

甲子園で負けた球児のような気持でしたね。

余談ですが、当時はやっていた「さよならメモリーズ」と被せて

〇大さよならメモリーズ事件

と仲間内では呼んでいます。

経験談②:すべてが急展開

次は、社会人1年目。

社会人とはいえ、当時はメーカーの設計職ですので、出会いなんてあったものではありません。

そこで、マッチングアプリの「Pairs」に登録。

何人かとマッチングしましたが、そのうち1人といい感じに。

お相手の特徴
  • 同じ県在住で同い年
  • 書道好きの文学女子
  • カメラが好きという共通点
  • 見た目も好みのタイプ(どんぎつねさん似)

といったこともあって、初回デートで意気投合。

2回目のデートで交際に発展しました。

しかし、付き合ってからの初デート後、LINEを送っても未読無視されます。

1日経っても未読無視のままで、ショックから発熱までしてしまいました←

2日経っても相変わらず未読無視だったので、聞いてみることに。

すると……

どんぎつね似

なんか違うなと思った。

と言われてフラれました。

ここまでならいいんです。

よくあることですから。

1か月後に、事件は急展開へ。

夏休みのある日、たまたま彼女のインスタを見つけました。

そこに書いてあった一言こそ「大失恋」だったのです。

どんぎつね似

今年も〇〇くんとお祭り行けてよかった

ん?

今年も……?

つまり、二股かけられていたのです。

たしかに、写真好きなのにインスタの交換をやたら拒まれましたからね。

社会人1年目で仕事のことでしんどかった時期に、二重でしんどくなった大失恋です。

経験談③:怒りのあまりブログ記事に

最後が、実は2020年の出来事。

このブログに過去に書いた「うつカップル」ではなく、少し前の話です。

一時期 #Twitter婚活 というタグをつけながら婚活垢を作り、本格的に活動していたのですが、

そこで知り合った婚活仲間のことが気になりました。

当時、ぼくは社労士の資格取得を目指していて、その人も社労士受けるというので意気投合。

情報交換や、たわいのない話をしていました。

しかし、飲み屋で知り合った男性と交際したとの話を聞き、祝福しながらもどこか喜べない自分。

とはいえ飲み屋の人とその人はすぐに別れたのもあって、相談に乗ったりしていました。

ぼくはフリーランスになることを決め、社労士は結局受けなかったのですが、彼女の社労士試験が終わったらお茶行く話をしていました。

しかし……。

Twitterを見ていると異変が。

婚活さん

ジムにマッチョのイケメン眺めにきた

婚活さん

元カレの前の彼と〇フレ

元カレのあと、男性不信で悩んでるって聞いてたけど!?!?

半月ぐらいは立ち直るのに時間かかりました(笑)

実は似たような大失恋が、最近もう1件あったんですが、

本人見てるかもなので割愛します(わかる人にはわかる)。

大失恋の経験から学んだこと

そんなぼくが、大失恋の経験から学んだことは、以下の3つ。

  • 失恋は新しいチャンスを作る
  • 勢いだけで進むのはよくない
  • 恋愛は「自立」が前提

学び①:失恋は新しいチャンスを作る

1つ目は「失恋は新しいチャンスを作る」ということ。

高校生のときの失恋で、ぼくは成功体験とチャンスを得ました。

  • 女性とまともに話せなかった自分が、自分から声をかけることができた
  • さらには連絡先まで交換できた
  • 入学直後に失恋したおかげで、周りに顔と名前を覚えてもらえた

特に成功体験が1番大きな収穫で、この失恋があったからこそ今の自分があるのかなと思っています。

ふとした時に思い出して「元気にしてるかな?」と考えるときもありますが、

もしどこかで再会したら「ありがとう」と言いたいですね。

学び②:勢いだけで進むのはよくない

2つ目は「勢いだけで進むのはよくない」ということ。

これは経験談②と③に言えます。

  • 二股事件(2例目)……インスタ拒まれた
  • 〇フレ事件(3例目)……かまってちゃん

この2例はどちらも「燃え上がるような恋」の感覚がありました。

まさしく「恋は盲目」といったところでしょうか。

結婚した友人の話を聞くと、付き合うまで短期間だったという人も多いですが

「燃え上がるような恋」ではないとのこと。

相手がモテそうというパターンも、恋愛経験に自信がない人にとって、燃え上がってしまうのかもしれません。

冷静さも、忘れないようにしましょうね(自戒)

学び③:恋愛は「自立」が前提

そもそも、恋愛は「自立」が前提です。

ぼくも元々、自分に自信がなく、コンプレックスの塊でした。

つまり「自立できていない」状態です。

ただ、依存する恋愛で幸せになるパターンは極めてまれ。

特に、お互いに自立できていなければ「共依存」関係に陥りやすいです。

ぼくも週5で元カノの家行ってた時期がありましたから(遠い目)

また、ぼくの友人で幸せそうな結婚生活をしているのは、精神的に自立できている人がほとんど。

幸せな恋愛をつかむには、まずは自分を鍛えることからはじめましょう。

大失恋の経験が活かせるときは必ず来る!

大失恋 経験 学び 青春 二股

本記事では、大失恋の経験談3つと経験から学んだことについて紹介しました。

大失恋はその瞬間悲しいですが、あとから思い返せば成長につながっていることが多いです。

実はぼくの大失恋は他にもあって

  • 好きな人といい感じだったのに、ある日相手が別の人を好きになってしまった
  • ダーツバーで「運動音痴すぎる」と言われた後、口きかなくなってしまった
  • キスしながら「歯の矯正してほしいな」と言われた

と到底1つの記事では収まらないほどあるんですけど、今思えば無駄じゃなかったと考えています。

今、大失恋に悩んでいるあなたも、数年後には変わっているはず。

ただ、どうしても耐えられない時もあるでしょう。

そんな時は「誰かに話すこと」がおすすめ!

とはいえ今のご時世で、飲みに行って忘れるということも難しいでしょう。

そんなあなたに、じんとが話を聞きます!

  • ドキュメントで回答
  • ZOOMで相談

の2形式で承っていますので、よかったら検討してみてくださいね(`・ω・´)

▼オンライン相談の受付はこちらから!

>> https://jibunpock.thebase.in/

▼実際にオンライン相談を受けた人の声はこちら!(別ブログに飛びます)

>> https://www.jibun-pock.com/entry/twitter2300

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

▼新しい恋がしたい人には「マッチングアプリ」がおすすめ!

出会い マッチングアプリ おすすめ 選び方 目的
【目的別】出会いやすいマッチングアプリのおすすめ9選!選び方もあわせて紹介 出会いやすいマッチングアプリはどれかわからないし、おすすめってあるのかな? このように考える人も多いのではないでしょうか。 ...

ABOUT ME
じんと
「うつ病でも恋がしたい」と悩む、20代男子です。 男子校歴12年の非モテでしたが、5年前にマッチングアプリと出会うことで、無事卒業しました。 次の目標は「パートナー探し」です。 メインブログ「じぶんぽっく」→https://www.jibun-pock.com/
コチラの記事も読まれています!